スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

払い済み保険で保険料を節約する

払い済み保険とは保険料の払込を止めて、今まで掛けてきた保険で
貯まっているお金で、主契約と同じ期間の保険に変えることです。

定期保険特約や医療特約などは、すべてなくなります。

一般的には今までの保険金額より小さくなる場合が多いようです。
(多くなる場合もある)

払い済み保険に変更後の予定利率は、加入時の予定利率が
適用となります。

ですから、予定利率が高いときに加入した養老保険や終身保険などを
払い済みにしたときは、利率の高さに驚きます。

解約して今、解約返戻金を受け取るより、そのまま払い済み保険として
おいていた方がお得のケースが多いようです。

払い済み保険にしたときの保険金や将来の満期保険金、試算して
もらってから検討してください。

ただし一定金額以上の解約返戻金がないと払済に変更できません。

金額は保険会社により規定が異なりますので、加入している
生保会社に問い合わせしてください。

払い済み保険にするのは保険料の節約という理由がありますが、
一方で特約はすべて消滅してしまいますので、万一の場合の保障
しかありません。

日本経済新聞掲載の保険比較サイト「保険モール」

ですから、安心のためにも、自分とってはどのような保障が
必要なのかをよく検討してください。

また保険会社によっては払済保険にして何年か経過すると、
転換といって払い済み保険を下取りにして、新しい保険に
切り替えることもできます。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

生命保険を解約するのは得?損?

物価は上がるのに、給料は上がらず、節約をしながら
生活水準を維持したいと思う人が増えています。

節約術にはいろいろありますが、加入している生命保険を
解約したい思う人も増えています。

内容がよくわからないままに加入し、別にケガや病気で
入院したこともないので、このまま続けていることが
もったいないと感じてしまうんですね。

気持ちはよくわかります。

でも解約する前にもう一度、加入している保険の内容を
チェックしてみてください。

まず、加入している生命保険が保障型なのか貯蓄型なのか、
加入したのは何年前なのか、入院したときの日額はいくらか
などなど確認することはたくさんあります。

家計に余裕ができたら、また保険に入ればいいと思いがちですが
一般的に年齢が上がるにしたがって、保険料は高くなります。

それよりも、入ろうと思ったときに生活習慣病にかかっていたり、
病気の入院歴があれば、特定の部位が割り増し保険料が
徴収されたりするかもしれません。

最悪の場合は二度と保険に加入できないかもしれません。

また、貯蓄型の保険であれば、加入した年によっては
予定利率が高く、継続するほうが有利な場合もあります。

ただ年齢が若く、健康であれば最新の生命保険に加入
し直すのもひとつの方法ではあります。

日本経済新聞掲載の保険比較サイト「保険モール」

いずれにせよ、最終的には自己責任ですから、充分に検討
してみてください。

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。