スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険の保険料払込免除とは

生命保険に加入後、不慮の事故で所定の障害状態になると
保険料が払込免除になります。

つまりそれからの保険料は支払わなくていいわけです。

契約は有効に続きますから、払込免除になった契約の
入院給付金や年金は受け取ることができます。

被保険者(こども保険の場合は契約者)が不慮の事故に遭い、
事故の日からその日を含めて180日以内に、約款に定められた
所定の障害状態になると、以後の保険料払込が免除されます。

また、特約を付加することや、保険種類によっては、いろいろな
取扱いがあります。

・保険料払込免除特約
「保険料払込免除特約」を付加し、特約保険料を払い込む
ことにより、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)、
身体障害状態、要介護状態などにより一定の状態になった場合、
以後の保険料払込を免除する生命保険会社があります。

なお、免除となる条件などは、各生命保険会社によって
異なりますのでよく確認してください。

あくまで掛け金は別途必要になりますので、特約を付加するか
どうかをよく検討してください。

がんは初期の上皮内がんでは対象にならなかったり、脳卒中や
急性心筋梗塞も所定の状態が続くことが条件となりますので、
よく調べましょう。

生命保険に強いファイナンシャルプランナーを無料でご紹介!


・こども保険

こども保険で、契約者(一般的には被保険者の親)が死亡、
または所定の障害状態になったとき、以後の保険料の払込が
免除になります。


・個人年金保険

個人年金保険では、被保険者が保険料払込期間中に高度障害
状態になったとき、以後の保険料の払込が免除になります。

個人年金も保険としての機能があるから「個人年金保険」なのです。

こども保険や、個人年金の保険料払込免除は特に特約保険料を
支払う必要はありません。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

生命保険を契約するときは告知が必要

生命保険に入るときには、必ず健康状態や職業などの
告知が必要になります。

一般的には死亡保険金の金額によって診査が必要に
なりますが、その内訳の一つが告知義務です。

告知には告知書を出すだけの場合もありますが、その他に

・健康診断書を提出する
・面接士といって健康状態を尋ねる専門職の人に来てもらう
・保険会社の指定する医師の健康診断を受ける
などの方法があります。

どれが必要になるのかは保障額によって異なります。

死亡保険金がいくららまでなら告知書のみで済みますし、
それ以上なら医師の診断、ということがあります。

医師についても、保険会社と提携している病院(嘱託医)だったり、
保険会社に在籍する医師(社医)であったりします。

人間ドックの診断結果表を提出して、診査の代わりにすることも
できます。

健康診断での数値が悪かったり、指摘事項があれば、保険が
特別条件になったり、最悪の場合は加入を断られるケースも
あります。

でも人間ドックの結果で注意事項があったとしても、必ずしも
生命保険の加入に支障が出るということではありません。

人間ドックは少しでも悪いところがあれば指摘することにより、
早期発見・早期治療が目的ですが、生命保険の場合は、
あくまで保険体としての診断となります。

診査を受けるときは血圧が高めならば、前の日から安静にして、
自宅に医師に来てもらい何度か血圧を測ってもらいましょう。

なお生命保険面接士とは医師ではありませんが、健康状態等に
ついて面接して確認する専門職です。

顔色を見て、環境を見て、会話をして、健康等についての質問を
して、判断します。

診査の査定結果は最終的に保険会社の本社で、専門家が判定し、
諾否を決めます。

告知は正直にすることが大切です。

日本経済新聞掲載の保険比較サイト「保険モール」

あとあとトラブルにならないためにも、告知は正直に行い、
疑問があれば保険会社に確認しましょう。

ただし生命保険会社の営業員に告知したからといって、
正式に告知したことにはならないのでご注意ください。

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

告知義務違反は絶対にしないこと

生命保険に加入するときに必要な告知については
軽く考えている人もいますが、ものすごく重要です。

告知内容には過去5年以内の健康状態(入院や手術など)や
最近の健康状態についても対象となります。

特に最近の健康状態は3ヶ月以内に診察を受けたか、という
質問もあります。

もし、病気になっていたことを告知しなかったらどうなるので
しょうか。

生命保険の約款では「契約者または被保険者が故意または
重大な過失によって告知の際に事実を告げなかったか、または
事実でないことを告げた場合には、会社は将来へ向かって
保険契約を解除することができる」と記載されています。

実は入院証明書を病院で書いてもらうと、その病院で受けた
既往症の治療歴なども記載されます。

入院の原因が告知しなかったことに直接起因していなくても、
告知義務違反が判明してしまうこともあります。

この場合には保険契約を解除されてしまいますので、いずれに
しても給付金や保険金は受け取れません。

さて、この告知義務違反に対する解除は保険が成立してから
2年を超え有効に契約が継続していた場合には保険会社は
解除権を喪失します。

注意してほしいのは、この2年間の間に、入院給付金などの
支払い事由となる治療を受けていた場合等では該当しなくなって
しまうことです。

そして、この告知義務違反の条項以外にも「詐欺による無効」と
いう条項も約款に含まれています。

「保険契約者または被保険者に詐欺の行為があったときは保険契約
を無効とし払い込んだ保険料は返還しない」とされています。

重大な告知義務違反の場合は詐欺とみなされる恐れも無いとは
言い切れません。

そしてこの条項については特に期間は定められていないので、
何年経過していようと無効になってしまうということです。

契約して2年さえ経過すれば契約は有効であると誤解している
人が多いので、注意してください。

病気や治療の種類によっては保険料が高くなったり条件が付いたり
はしても加入できる場合があります。

軽症であれば条件も当初何年かだけで済む場合もあります。

保険は一家の大黒柱を亡くした場合や入院した場合の家計を
助けるためということを忘れないでください。

本当に必要な時に確実に給付してもらえるよう、告知は正直に
することが基本中の基本です。

テーマ : 生命保険・損害保険 - ジャンル : ファイナンス

クーリング・オフができない場合とは

クーリングオフ制度は消費者にとってはありがたい制度ですが、
生命保険の場合、「 第1回保険料(充当金)領収書の交付日」か
「契約の申込日」かのいずれか遅い日からその日を含めて8日以内
であれば必ずいつでもできる訳ではありません。

生命保険のクーリング・オフでは、次のような場合、適用が除外されます。

・ 契約にあたって医師による診査を受けた場合
・ 保険期間が1年以内の契約の場合
・ 生命保険会社の営業所等の場所で申し込みをした場合
・ 申込者が自分で指定した場所で申し込みをした場合
・ 法人・社団等が契約した場合
などです。

また、変額個人年金保険・個人年金保険などの商品で、保険料の払込方法が
「一時払い」「振込み」と限定されているような商品は、クーリング・オフの対象外
となることがあります。

銀行や証券会社の窓口で加入する場合などがこれに該当します。

契約のときには営業員や窓口の担当者に必ず確認してください。

生命保険に強いファイナンシャルプランナーを無料でご紹介!


ファイナンシャルプランナーは客観的なアドバイスであなたに
ピッタリの保険を見積もってくれます。

生命保険だけでなく、将来の生活設計についても相談に
乗ってくれます。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

生命保険の告知はとても重要です

生命保険の申込時には多くの保険で医師による診査や
保険会社への「告知」が必要となります。

告知とは保険会社が危険度判断のもとにするもので、保険契約者
または被保険者には、生命保険契約を申し込む際、保険会社に対して
重要事項(健康状態や職業など)をありのまま告げなければならないと
いう「告知義務」があります。

もし、実際とは異なる告知を行ったり、重要事項を告げていないと
「告知義務違反」となります。

告知義務違反があると、保険会社は解約返戻金などを支払って
契約を解除することができます。

契約が契約日から2年以上有効に継続した場合や、保険会社が解除の
原因を知ったときから1カ月以内に解除を行わなかった場合は契約を
解除できないことになっています。

ただし告知義務違反の内容が詐欺にあたると保険会社が立証した
場合などは、詐欺による契約の無効となり保険金は支払われません。

詳しくは保険の相談をしてみてください。

生命保険の契約時は医師や面接士の診査がなく、告知だけで簡単に
加入できる保険も最近は増えています。

だからといって、正直に告知しないと後で入院したり、死亡したときに
告知義務違反で保険金が支払われないという事態にもなりかねません。

「現在、通院中だけど生命保険会社にはバレないだろう」というような
軽い気持ちで、うその告知をしてしまうと、入院時の診断書で初診日
などの項目でばれてしまいます。

生命保険という仕組みはお互いの信頼の上で成り立っています。

だから販売する側も加入する側も、正直に誠実にありたいですね。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。