スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険の告知はとても重要です

生命保険の申込時には多くの保険で医師による診査や
保険会社への「告知」が必要となります。

告知とは保険会社が危険度判断のもとにするもので、保険契約者
または被保険者には、生命保険契約を申し込む際、保険会社に対して
重要事項(健康状態や職業など)をありのまま告げなければならないと
いう「告知義務」があります。

もし、実際とは異なる告知を行ったり、重要事項を告げていないと
「告知義務違反」となります。

告知義務違反があると、保険会社は解約返戻金などを支払って
契約を解除することができます。

契約が契約日から2年以上有効に継続した場合や、保険会社が解除の
原因を知ったときから1カ月以内に解除を行わなかった場合は契約を
解除できないことになっています。

ただし告知義務違反の内容が詐欺にあたると保険会社が立証した
場合などは、詐欺による契約の無効となり保険金は支払われません。

詳しくは保険の相談をしてみてください。

生命保険の契約時は医師や面接士の診査がなく、告知だけで簡単に
加入できる保険も最近は増えています。

だからといって、正直に告知しないと後で入院したり、死亡したときに
告知義務違反で保険金が支払われないという事態にもなりかねません。

「現在、通院中だけど生命保険会社にはバレないだろう」というような
軽い気持ちで、うその告知をしてしまうと、入院時の診断書で初診日
などの項目でばれてしまいます。

生命保険という仕組みはお互いの信頼の上で成り立っています。

だから販売する側も加入する側も、正直に誠実にありたいですね。

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。