スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険には必ずリビングニーズ特約をつけよう

リビング・ニーズ特約とは、被保険者の余命が6ヶ月以内と判断された
場合に、死亡保険金額の一部または全部をが受け取れる特約です。

大体の保険会社は最高3000万円まで受け取ることができます。

保険料は無料ですので、保険を契約したときは必ずつけてください。

こちらで紹介している保険会社でもリビングニーズ特約が付加できる
はずです。

日本経済新聞掲載の保険比較サイト「保険モール」


リビング・ニーズ特約による保険金を受け取ると、この保険が減額された
あるいは保険が消滅したと扱われます。

実際に受け取れる金額は給付金額から6ヶ月分の保険料と利息を
差し引いた金額となります。

個人が受け取ることを前提にしますが、所得税は非課税になります。

これは所得税法では心身に加えられた損害に起因して支払われる
金銭について非課税とする規定があることによります。
(高度障害保険金も同じ理由で非課税になります)

指定代理請求を被保険者の配偶者がしてリビングニーズ特約による
保険金を受け取ったとしてもあくまで受領したのは被保険者となります。

リビング・ニーズ特約の保険金を請求する時は、医師の診断書が必要
となります。

診断書には被保険者の余命が6ヵ月以内であることに関して、医師の
意見が必要になります。

人生最期の治療や生き方について、リビングニーズ特約の保険金が
あれば、自由に選択することができます。

この特約を知るか知らないかで、もしかしたら余命6ヵ月と言われた
病気から生還できるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 生命保険・損害保険 - ジャンル : ファイナンス

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。