スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険を契約するときは告知が必要

生命保険に入るときには、必ず健康状態や職業などの
告知が必要になります。

一般的には死亡保険金の金額によって診査が必要に
なりますが、その内訳の一つが告知義務です。

告知には告知書を出すだけの場合もありますが、その他に

・健康診断書を提出する
・面接士といって健康状態を尋ねる専門職の人に来てもらう
・保険会社の指定する医師の健康診断を受ける
などの方法があります。

どれが必要になるのかは保障額によって異なります。

死亡保険金がいくららまでなら告知書のみで済みますし、
それ以上なら医師の診断、ということがあります。

医師についても、保険会社と提携している病院(嘱託医)だったり、
保険会社に在籍する医師(社医)であったりします。

人間ドックの診断結果表を提出して、診査の代わりにすることも
できます。

健康診断での数値が悪かったり、指摘事項があれば、保険が
特別条件になったり、最悪の場合は加入を断られるケースも
あります。

でも人間ドックの結果で注意事項があったとしても、必ずしも
生命保険の加入に支障が出るということではありません。

人間ドックは少しでも悪いところがあれば指摘することにより、
早期発見・早期治療が目的ですが、生命保険の場合は、
あくまで保険体としての診断となります。

診査を受けるときは血圧が高めならば、前の日から安静にして、
自宅に医師に来てもらい何度か血圧を測ってもらいましょう。

なお生命保険面接士とは医師ではありませんが、健康状態等に
ついて面接して確認する専門職です。

顔色を見て、環境を見て、会話をして、健康等についての質問を
して、判断します。

診査の査定結果は最終的に保険会社の本社で、専門家が判定し、
諾否を決めます。

告知は正直にすることが大切です。

日本経済新聞掲載の保険比較サイト「保険モール」

あとあとトラブルにならないためにも、告知は正直に行い、
疑問があれば保険会社に確認しましょう。

ただし生命保険会社の営業員に告知したからといって、
正式に告知したことにはならないのでご注意ください。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。