スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知義務違反は絶対にしないこと

生命保険に加入するときに必要な告知については
軽く考えている人もいますが、ものすごく重要です。

告知内容には過去5年以内の健康状態(入院や手術など)や
最近の健康状態についても対象となります。

特に最近の健康状態は3ヶ月以内に診察を受けたか、という
質問もあります。

もし、病気になっていたことを告知しなかったらどうなるので
しょうか。

生命保険の約款では「契約者または被保険者が故意または
重大な過失によって告知の際に事実を告げなかったか、または
事実でないことを告げた場合には、会社は将来へ向かって
保険契約を解除することができる」と記載されています。

実は入院証明書を病院で書いてもらうと、その病院で受けた
既往症の治療歴なども記載されます。

入院の原因が告知しなかったことに直接起因していなくても、
告知義務違反が判明してしまうこともあります。

この場合には保険契約を解除されてしまいますので、いずれに
しても給付金や保険金は受け取れません。

さて、この告知義務違反に対する解除は保険が成立してから
2年を超え有効に契約が継続していた場合には保険会社は
解除権を喪失します。

注意してほしいのは、この2年間の間に、入院給付金などの
支払い事由となる治療を受けていた場合等では該当しなくなって
しまうことです。

そして、この告知義務違反の条項以外にも「詐欺による無効」と
いう条項も約款に含まれています。

「保険契約者または被保険者に詐欺の行為があったときは保険契約
を無効とし払い込んだ保険料は返還しない」とされています。

重大な告知義務違反の場合は詐欺とみなされる恐れも無いとは
言い切れません。

そしてこの条項については特に期間は定められていないので、
何年経過していようと無効になってしまうということです。

契約して2年さえ経過すれば契約は有効であると誤解している
人が多いので、注意してください。

病気や治療の種類によっては保険料が高くなったり条件が付いたり
はしても加入できる場合があります。

軽症であれば条件も当初何年かだけで済む場合もあります。

保険は一家の大黒柱を亡くした場合や入院した場合の家計を
助けるためということを忘れないでください。

本当に必要な時に確実に給付してもらえるよう、告知は正直に
することが基本中の基本です。
スポンサーサイト

テーマ : 生命保険・損害保険 - ジャンル : ファイナンス

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。