スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険の基本形は3つだけ

生命保険の種類はその分類の仕方によって、変わります。

ここでは大きく3つに分けることにします。

まずは「死亡保険」。

その名の通り、死亡したときに保険金が受け取れる
保険のことです。

定められた期間に死亡したときに受け取れる保険は「定期保険」、
一生涯の期間の保険は「終身保険」という名称になります。

二番目が「生存保険」と言われる種類です。

代表的なのは個人年金保険です。

これは貯金のように積み立てて、ある年齢になると
年金として受け取れる保険のことです。

3つ目が、「生死混合保険」と言われるものです。

代表的なのは定期保険に貯蓄をくっつけた「養老保険」です。

養老保険は戦後、爆発的に売れました。

貯蓄好きの日本人にとっては、掛け捨ての「定期保険」より、
満期時にも死亡保険金と同じ金額を受け取れる養老保険が
似合っていたんですね。

そして以前は上記の保険の付録である「特約」という形で
つけていた障害特約や疾病入院特約、成人病入院特約が
単品の商品として売られるようになりました。

医療保険やガン保険のことですね。


保険を見直すときは、信頼できるファイナンシャルプランナーに
相談してみては?↓

◆保険のプロが教えます!!WEBマンガでわかる保険節約術!!



保険の種類としては上記の3つのどれかに当てはまりますが、各社が
販売する保険種類は会社ごとに名称が異なります。

例えば定期保険は、“一定期間の間に死亡すれば受け取れる保険”
のことですが、その受け取り方により商品名が異なります。

例えば「定期保険」の商品名としては、
・家族収入保険(収入補償保険)
・逓減定期保険
・逓増定期保険
・長期平準定期保険

次回ではそれぞれの保険についてもう少し詳しく説明します。

スポンサーサイト

テーマ : 生活に役立つ情報 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。