スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険の基本を学ぶ

最初に生命保険の基本について説明します。

まずは多くの人が、少しずつお金を出し合うことにより、
大きな共有の準備財産を作ります。

そして仲間に万一のことがあった場合(死亡したり、病気したり)に、
残された家族にまとまったお金を出して、経済的に助けあう
システムです。

「一人は万人のために、万人は一人のために」というのが
生命保険の基本精神なのです。


生命保険を説明するうえでよく使われるのが「貯金は三角、保険は
四角」という言葉です。

貯蓄と生命保険の違いがわかりやすく説明されています。

貯蓄が三角と言われるのは、万一、途中で死亡した場合、
それまでに積み立てられた元本と利息の合計額だけが戻って
くるからです。

生命保険は一般的に、支払った保険料に関係なく、いつ万一の
ことがあっても確実に保障額を受け取ることができます。

ですから生命保険は四角と言われるのです。

この機会に保険を見直してみませんか↓

日本経済新聞掲載の保険比較サイト「保険モール」


また保険の機能は、万一のときの残された家族のためだけのもの
ではありません。

病気やケガをした時の治療費や、豊かな老後を迎えるための老後の
生活資金など、自分のために備える機能もあるのです。

私たちは普通に日常生活を営んでいるときには、まさか亡くなったり、
病気やケガのことは考えません。

しかしながら、日本においては年間100万人以上の人が
死亡しています。

約30秒に一人は事故でケガをしています。

それがいつ自分の身にふりかかるかが予測できません。

だからこそ生命保険が必要なのです。

テーマ : 生活に役立つ情報 - ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。